• 『辺境コミュニティの維持 島嶼、農村、高地のコミュニティを支える「つながり」』本村真編著 琉球大学島嶼地域科学研究所ライブラリ

『辺境コミュニティの維持 島嶼、農村、高地のコミュニティを支える「つながり」』本村真編著 琉球大学島嶼地域科学研究所ライブラリ

ISBN978-4-89982-376-6

3,190円(内税)

定価 3,190円(内税)

購入数
本村真 編著
A5判ソフトカバー 280ページ
琉球大学島嶼地域科学研究所ライブラリ



つながりによるコミュニティ維持の諸相
フィールドワークと対話からの問い直し

少子高齢化が進行する我が国にあっては、島嶼、中山間地を問わず、著しい過疎化が進んでいる。島嶼や中山間地の限界集落化は、コミュニティ存続の危機でもある。島嶼、中山間地のコミュニティ存続は、自立的な地域形成を目指し、「よそ者」を資源として捉え、新たなビジネス・事業の創造を期待する地域開発型の視点で論じられることが多い。

華やかな成功例は多くの残された地域に希望を与える研究となっているものの、衰退し細々とコミュニティを維持している島嶼、中山間地や辺境の農村地域のコミュニティの実態にそぐわない実践にしか見えないものも多い。そうしたコミュニティにとっては、人々の実践はコミュニティの「発展(development)」を目指すのではなく、「維持(maintenance)」そのものである場合が多い。

地域コミュニティの「維持」装置とはどのようなものなのか。フィールドワークの想像力と異なる地域研究間の対話がもたらす即興性に期待し、コミュニティの維持装置を探ろう、それがわたしたちの共同研究の原点である。(「はじめに」より)


【目次】
序章 辺境のコミュニティ維持機能
    堀江典生・山田孝子
  はじめに/機〔簑蠅僚蟶漾伸供.灰潺絅縫謄O世悗離▲廛蹇璽繊掘)椽颪旅柔/おわりに

-----------------------------------------
第吃堯‘本の離島・農村・辺境コミュニティの維持
-----------------------------------------

第1章 衰退する地縁・血縁的コミュニティと空き家問題との交錯
    ―沖縄県粟国島の事例をもとに―
     越智正樹
はじめに/機^盛馘腓凌邑減少と空き家発生の概括/供‥臚盂阿涼榔錙Ψ豈鐡コミュニティの実態/掘 峩き家」という現象の多様な実態/検/蠡爐垢襯蹇璽ル・コミュニティと空き家問題との交錯/結論


第2章 祭りとコミュニティの存続に外部者が果たす役割 ― 石川県奥能登の事例から―
    小西賢吾
機/邑減少社会と祭り/供‖膤慇犬支える地域の祭り/掘 屮リコにつながる」人びと/検〆廚蠅らみるコミュニティの未来


第3章 日本の高地環境におけるプレカリティと希望のポリティカルエコロジー
    エリックJ.・カニングハム
機仝耿峪海諒火/供‘丹曚淵廛譽リティ/掘〇餮参修気譴真紂伸検仝えない森林/后”坩堕蠅癖襪蕕掘伸此〇続する暮らし/察.好團螢船絅▲襪覆弔覆り/次/祐屬汎以とのつながり/宗/靴靴い弔覆り/おわりに


--------------------------------------
第局堯.妊アスポラ・コミュニティからの照射
--------------------------------------

第4章 リーダーシップとコミュニティの維持
    ―トロント・チベット人社会における「寄り合いの場」建設の事例から―
     山田孝子
はじめに/機.肇蹈鵐蛤濬札船戰奪反夕匆颪領鮖謀展開/供 峇鵑蟾腓い両譟廚旅獣曚悗瞭擦里蝓 伸掘.蝓璽澄璽轡奪廚藩他の精神/検‥舫戰灰潺絅縫謄の維持機能との比較―西表島、干立集落のコミュニティ維持の事例から―/おわりに


第5章 ディアスポラ・コミュニティの再構築と信仰の継承 ―神戸華人とクリスチャン―
    王柳蘭
はじめに/機\鏝紊砲呂犬泙覯攷誉覿機伸供_攷佑悄△修靴特楼茲悗療粗擦畔仕/掘\長する教会―華人による教会の維持をめざして/ 検^槎蔚飢颪涼楼萓、流動性と継承性/后々融 


----------------------------------------------
第敬堯.▲献△稜逝次κ婉・遠隔地コミュニティの維持
----------------------------------------------

第6章 中央アジア草原地帯におけるコミュニティの再編と維持
    ―カザフのアウルに着目して―
     藤本透子
はじめに/機.ザフスタンの人口動態/供.ザフ草原のアウルの変遷/掘)卉椶鬚瓩阿訶效詫用と協働/検〜雜兇離▲Ε襪吠襪蕕垢箸いα択/后.▲Ε襪砲ける共食と社会的紐帯/此,わりに:移動のなかのコミュニティ


第7章 タジキスタンで考える農村コミュニティ維持における在外同郷人の役割
    堀江典生
はじめに/機ゞ疥拿嗣吋灰潺絅縫謄としてのマハッラと在外同郷人/供〆潦案蔚真佑慮龍燭悗旅弩ァД僖ぅ蹈奪板敢困らの示唆/掘〆潦案蔚真佑慮龍燭悗旅弩ァЩ例紹介/検〆潦案蔚真佑慮龍燭悗旅弩ァЩ例分析/后’逝璽灰潺絅縫謄0飮における在外同郷人の役割


第8章 空間の再創造―ロシア沿海地方における韓村復興プロジェクト―
    サヴェリエフ・イゴリ
はじめに/機[鮖謀背景:ロシア極東地域におけるコリアン・コミュニティ(1863-1937年) /供.愁咼┘範∨以降のコリアンのモビリティ/掘仝龍燭痢峅甬遒竜憶」とコミュニティ空間の再創造の試み/検.灰潺絅縫謄再建の限界/おわりに


終章  島嶼地域研究への新たな視座
    本村真
はじめに/機 崟ぢ咾琉飮」の場としての島嶼コミュニティ/供,△蕕燭瓩董▲灰潺絅縫謄について/おわりに

執筆者紹介


●2020年1月 初版第一刷発行