• 『沖縄で生まれたマナティーの赤ちゃん』長佑著

『沖縄で生まれたマナティーの赤ちゃん』長佑著

ISBN978-4-89982-370-4

1,870円(内税)

購入数
四六判192ページ並製本  定価(本体1700円+税)

人間のお医者さんに診てもらったマナテイーの保育日誌

遠くメキシコからやってきたマナティー。
沖縄の水族館で生まれ育ったマナティー。
大切な命を守り育てたのは、多くの飼育員と人間のお医者さんでした。

みなさんは、沖縄・本部町の海洋博公園にいるマナティーを知っていますか。
愛くるしいマナティーは、どのようにして沖縄にやってきて、育ってきたのでしょうか。
沖縄生まれのマナティーもいるんです。

メヒコ、ユカタン、ユメコ、マヤ、琉、ユマ。

一生懸命生きるその姿は、私たちに命の大切さを教えてくれます。

マナティーの国内初の出産、人工保育を行った海洋博公園の水族館(現美ら海水族館)での貴重な記録。
ベテラン飼育員が長年の思いをこめて書きました。

みんなに知って欲しい沖縄生まれのマナティーのこと!



●目 次

プロローグ 沖縄で生まれたマナティーを知っていますか

機_縄にマナティーがやってきた
   マナティーとの出会い
   人魚のモデルになったマナティー 
   マナティーとジュゴンの違い 
   尾ビレで空中一回転! 
   いよいよ沖縄へ
   メヒコとユカタン 

供.瓮劵魁⊇蕕瓩討僚仍此
   熱帯ドリームセンターへお引っ越し  
   国内初、マナティーのお産がはじまった! 
   世界初、双生児出産を確認 
   頭が先か、尾ビレが先か? 
   新米おかあさんのおっぱい拒否 
   想定外の人工保育
   双子のマナティーの死 

掘 屬んばれ まな子ちゃん」 
   メヒコ3度目の出産 
   ミルクを飲ませるための工夫 
   「沖縄ミルク」の誕生 
   マナティーの赤ちゃん、県立病院小児科へ 
   牛の初乳をいただく 
   「がんばれ まな子ちゃん」Tシャツ
   まな子の治療医師団「プロジェクトチーム」結成
   やるしかない腹腔内治療 
   牛の胃汁をもらう 
   自信をもって腹腔内に針をさす
   オナラとうんこに一喜一憂 
   治療に耐えたまな子 4

検\こΔ能蕕瓩藤達垳〆困鮗けたマナティー
   出産時の体重をこえた
   初めてレタスを食べた 
   いやいやするまな子 
   愛称「ユメコ」へ 
   一年目のお披露目会
   腹腔内治療再開
   ユメコの胴回りを測定する
   世界で初めてCT検査を受けたマナティー
   自分のウンコを食べるのはなぜ?

后/靴靴ぬ瓦砲爐って 
   新設マナティー館へお引っ越し
   新しい赤ちゃんへの期待
   初めてみたマナティーの交尾
   メヒコの流産と悲しい死
   メキシコ大統領からのプレゼント
   マナティーを捕獲する 
   キャンプ地はジャングルのなか
   メキシコから沖縄までの大輸送
   新しい家族「マヤ」と「琉」 
   精一杯生きたユメコは、世界一の幸せもの
   新しい命の誕生 

エピローグ  マナティーが教えてくれた大切なこと 

主な参考資料 
あとがき 

●著者略歴
昭和20年7月17日(生)。
昭和39年 長野県立大町高等学校(現長野県立岳陽高等学校)卒業。
昭和43年 日本大学農獣医学部水産学課卒業(現日本大学生物資 源学部 海洋生物資源科学科)。
昭和43年 福島県白河 株式会社林養魚場にて研修。
昭和43年 東海区水産研究所(現中央水産研究所)実験助手、こ の間、公益財団法人目黒寄生虫館で研修。
昭和45年 千葉県 鴨川シーワールド入社。カワイルカの飼育、 シャチ、アシカ類の飼育調教、アザラシの繁殖に携わる。
昭和51年 (社) 沖縄海洋生物飼育技術センター入社。(国営沖縄 記念公園水族館の飼育管理及び接客部門担当)飼育室次長。マナ ティーの人工保育、イルカの飼育、繁殖、調教、ジンベエザメの 捕獲、輸送、飼育に携わる。
平成15年 (財)海洋博覧会記念公園管理財団(現一般財団法人
 沖縄美ら島財団)。この間、沖縄美ら海水族館の計画、設計、建 築、開館、運営に携わる。
平成19年7月 新屋島水族館館長。
平成22年4月 学校法人八洲学園 八洲学園大学国際高等学校
 教諭 生物、科学と人間生活担当。

●初版第一刷発行 2019年12月