• 『吉本隆明拾遺講演集 地獄と人間』

『吉本隆明拾遺講演集 地獄と人間』

978-4-89982-381-1

4,180円(内税)

購入数
吉本隆明著
四六判ソフトカバー/332ページ
定価3800円+税

※4月下旬発売開始。予約受付中です。

吉本隆明、新発見を含む講演録11篇
現在、そして未来へも通じる思想的課題

「(前略)ここに新たに入手された音源をもとに未収録の講演集が刊行される。吉本の手は加わっていないが、
吉本の講演集としては、最後ともいえる講演集である。本書に収録された十一講演のうち、七講演が初収録
となる。すでに掲載されたものも、収録にあたっては、あらためて音源を確認のうえ、改稿されている。」
本書「解説 吉本隆明の講演について」(宿沢あぐり)より


●目次


身体のイメージについて   
イメージとしての文学機
  文学作品は読めるのか  
イメージとしての文学供
  文学作品は書けるのか 
日本文学の現状について  
現代文学に何が必要か
 

労働組合について  
バブルのあとに  
現在について  
民間教育への視座


日本浄土系の思想と意味  
地獄と人間
  
 解説 吉本隆明の講演について  
         宿沢あぐり

  

●編集協力:松岡祥男 宿沢あぐり 田場由美雄


●発行 2020年4月