• 『末吉公園で見つけた草木たち スケッチ画で楽しむ沖縄の植物』植物観察とスケッチ画を楽しむ会編<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

『末吉公園で見つけた草木たち スケッチ画で楽しむ沖縄の植物』植物観察とスケッチ画を楽しむ会編

978-4-89982-467-1

3,080円(内税)

購入数
小さな花から果実までスケッチ画だからわかりやすい
193種類の植物スケッチ画集



【本書で取り上げ植物】
戯惑歐∧ 53種
原産地がはっきりし、人の手で管理栽培されている外国産の植物。ヤシ類、竹類、熱帯花木など

響靄椰∧ 40種
一般に雑草の仲間で、栽培植物の周辺、花壇、道端、空き地などに生育しいている植物。イネ科、キク科、マメ科など。

帰化植物 15種
近年、分布を広げ、花壇、道沿いで見られる木本や草本の帰化植物。コトブキギク、ヒメオニササガヤなど。

減瀝菴∧ 56種
明治以前から沖縄に分布し、生育している植物。林を形成している多くの樹木(高木・低木)等。ヤブニッケイ、ホソバムクイヌビワ、ナガミボチョウジなど。

草本植物2 12種
林内や林縁に生育する草本植物など。アリサンミズ、ウロコマリ、アリモリソウ、ノシランなど。

つる植物 17種
林の樹冠や林縁にツルを伸ばしてマント群落を作る植物。ノアサガオ、タイワンクズ、オモロカズラなど。
*植物名や科、配列は『琉球植物目録』(初島住彦、天野鉄夫。1994)に準じた。

style="float:left;"口絵 写真で見る末吉公園の植物たち


栽培植物より


草本植物より



■目次
 はじめに  
 この本のまとめ方・この本の見方  
 植物の用語解説  

 写真で見る末吉公園の植物たち
 植物スケッチ画  
    栽培植物
    草本植物1
    帰化植物
    在来植物
    草本植物2(林縁・林内)
    つる植物
 
コラム .哀薀Εモクマオウってどんな木
    ⊇王様のような花柱、アメリカフウロ 
    オキナワネムの話  
    ぞ辰┐神屬ぜ造量擇魯汽鵐乾献紂
    ゥウゴンカズラの脅威  
    小さな草の物語  
    Дジュマルとコバチは仲良し 

索引  
参考文献



■著者プロフィール
植物観察とスケッチ画を楽しむ会
末吉公園の植物観察を続けていた神谷保江がよりわかりやすい表現のために経験者へ植物のスケッチ画を依頼したのが始まり。7年間にわたりやり取りを繰り返し、多くのスケッチ画を手掛け、詳細なスケッチ画が集まった。
・神谷 保江(かみや やすえ)
元高校教諭・沖縄生物学会会員。末吉公園での植物観察を始めて約20年。著書に『那覇・末吉公園を歩く 楽しい植物ウォッチング』(共著、2019、ボーダーインク)がある。本書では植物観察の結果をまとめた写真、文章を担当した。
・垣花 久美子(かきはな くみこ)  
琉球大学農学部農学科卒業。琉球歴史学会会員。著書に『火花方日記』(共著、2019年、榕樹書林)植物愛好家。本書では多くのスケッチ画を担当し、文章や編集にも関わった。
・渡久地 良子(とぐち りょうこ)
元高校教諭。植物愛好家。絵画教室や工作教室に通い、多くの作品を手がけ、作品展を開催した。本書ではスケッチ画を担当した。
・當間 和子(とうま かずこ)
元高校教諭。植物愛好家。絵画教室に通い、多くの作品を手がけ、作品展を開催した。本書ではスケッチ画を担当した。   


●2024年5月