• 『今でも気になっている 過ぎ去った僕の時たち』宮城英雅著

『今でも気になっている 過ぎ去った僕の時たち』宮城英雅著

4-89982-075-5

1,320円(内税)

定価 1,256円(内税)

購入数
宮城英雅 著 四六判 168 頁

過ぎ去った僕の時たち

沖縄の現役お医者さんのダンディで軽妙な傑作随筆集。こんな人もいたし、あんな事もあった。これもまた佳き人生かな?! 沖縄 には数多くのエッセイの達人がいますが、またひとりこんな方もいらっしゃい ました。沖映通りで小児科を開業されている現役のお医者さんである著者が、日々の出来事やこれまでの忘れられない思い出を綴った、大人のおもしろエッ セイ。もし…突然、職場に宇宙服の奴らがやってきたら? 死んだ男に出会った時の挨拶し? 娘とのしばし別れに父親たるものどうあるべきか? アフターファイブから始まる人生とは? ペニスが屁をへった、そんなことあり?! 朝帰りを疑われても動じない方法は? カメラと絵画、どちらを選ぶ? 戦後、子 どもたちの遊びとドラム缶トイレの仕方について……答えは、この本の中にあります。

[目次]
機ー慧照倒
 焼却炉騒動 根あか 死んだ男に出会った話
 今でも気になっている第一話 第二話 第三話
 トイレにまつわる話 ペニスが屁をへった 他
供‘酩
 名前 山原 沖映通り 注射 ルール違反 
 チープ&リッチ シーサーからのメッセージ 他
掘[錣料穃ち
 麗のの巣立ち
検仝氷發里弔發
 貴婦人 カメラと車 カメラ人生ままならぬ 他
后.離好織襯検
 我が兎追いしの記機´供´掘´検”呂 匂いの思い出