• 『琉球怪談デラックス』 物語・小原猛 漫画・太田基之

『琉球怪談デラックス』 物語・小原猛 漫画・太田基之

ISBN978-4-89982-448-0

1,760円(内税)

購入数
-----------------------------------------------
●46判176ページ
●定価1760円(本体1600円+税)
●物語・小原猛 漫画・太田基之
-----------------------------------------------


太陽雨(ティーダアミ)と榕樹(ガジマル)の影に隠れてあなたに忍び寄る怪異!
怖かったり、ちょっと笑えたりします。
大人気「琉球怪談」シリーズ最新刊は、「奇妙な人びとを描かせたら今、日本一のお茶処・静岡の鬼才」漫画家・太田基之の漫画60編と、ご存じ沖縄怪談界の第一人者・小原猛の新作怪談14編を収録したデラックス版!

●目次

◎前口上

#01 声
#02 通り道
#03 龍
#04 おじさん
#05 キジムナー

◎怪談
 マーブル
 キブシ

#06 ウガン
#07 軍靴
#08 井戸
#09 嘉数高台
#10 黒い手

◎怪談
 迫りくるオバア
 フニ

#11 風呂
#12 肝試し
#13 エレベーター
#14 ヤンバルクイナ
#15 ウニングヮ

◎怪談
ヤンバルクイナ
チキシ

#16 岩火
#17 土の中
#18 カジョーラー
#19 サン
#20 白玉

◎怪談
 爪半月
 ヒンプン

#21 パーランクー
#22 子授け
#23 手紙
#24 いたずら
#25 テトラポッド

◎怪談
 ぺちゃぺちゃ
 畑の父親

#26 土
#27 牛乳
#28 居候
#29 ウタキの蝉
#30 おどり

◎怪談
 ジョウトクさん
 三階の目黒さん

#31 バンシルー
#32 盛り塩
#33 燃える男
#34 蛇
#35 大漁

◎怪談
 真夜中のカマオバア
 真夜中のドクター

#36 赤い毛
#37 海坊主
#38 ジーシガーミ
#39 ザー
#40 井戸の声

◎怪談
 八重瀬の逆立ち幽霊
 真夜中の詩吟

#41 黒豚
#42 潮干狩り
#43 缶コーヒー
#44 ガングルユマタ
#45 ヤシガニ

◎怪談
 フッケーラのアクマ
 ヨンチャーギ

#46 鬼の宴会
#47 叱責
#48 まばたき
#49 ビタン
#50 ビタン2

◎怪談
 フツ
 いたずらカマルー

#51 ラッキョウ
#52 黒牛
#53 電話
#54 シチヌクヮー
#55 パン投げ

◎怪談
 ユンヂチ
 洞窟の坊さん

#56  怪魚
#57 カタカシラ
#58 キジムナーヤーチュー …
#59 山ジッチー
#60 スーワタイ

◎あとがき
◎余 談
◎解 説

□単行本編集 堀靖樹(フリー)/新城和博(ボーダーインク)

□装丁 セキネシンイチ制作室


●著者略歴
小原猛 こはらたけし
1968年京都生まれ。沖縄本島はもちろん、先島諸島まで巡り怪談を採取する沖縄怪談界の第一人者。主な著者『琉球怪談』同シリーズで『七つ墓を渡って』『不思議な子どもたち』最新の第4弾『いまでもグスクで踊っている』を2020年に発表(以上ボーダーインク)。他に『琉球妖怪大図鑑(上下)』(琉球新報社)『琉球奇譚』シリーズ(竹書房)など多数。

太田基之  おおたもとゆき
1969年静岡生まれ。奇妙な人々を描かせたら今、日本一のお茶処・静岡の鬼才。1998年講談社「モーニング」でデビュー。代表作『高梨さん』『高梨さん 近所へ行く』『高梨さん 世話を焼く』『かきのたね』(小学館)『収穫の日は近い』(慘唸藝舎)など。




●2023年7月 初版第一刷発行