• 『おきなわのマジムンず!』文・朝里樹 絵・ショルダー肩美<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

『おきなわのマジムンず!』文・朝里樹 絵・ショルダー肩美

978-4-89982-466-4

1,650円(内税)

購入数
---------------------------------------------------------------------
●B5変型ソフトカバー(182mm×245mm) 32ページ オールカラー 総ふりがな付き
●定価1650円(本体1500円+税)
●文・朝里樹 絵・ショルダー肩美
---------------------------------------------------------------------

ボーダーインクのビジュアルシリーズ

ゆかいなマジムン23体が大集合!こんなヤツら、見たことない!




沖縄や奄美がまだ「琉球」と呼ばれていた頃から、人々はさまざまなマジムンに出会ってきた。マジムンとは、琉球の言葉で「魔物」という意味で、「化けもの」や「妖怪」のことをそう呼ぶんだ。
なにかと人の股をくぐろうとしてくる動物、魚の目玉ばかり食べているヤツ、津波を予言する下半身が魚の姿をしたヤツ、「ヘーイ」と呼びかけると水中に引きずりこもうとしてくる仲西さん⋯。
この本では、そんなマジムンたちについて、人々とのかかわりやルーツ、そして日本の妖怪たちとの共通点や違いを紹介しているぞ。琉球にまつわる文化や歴史、日本に伝わる妖怪とのつながりを知ることで、マジムンについてもより理解が深まるはずだ。
さあ、ちょっとヘンテコで不思議なマジムンの世界へ出発だ!

著者は「スーパー在野人」こと、在野で活躍する研究者の朝里樹氏。そしてイラストは、WEBメディア「オモコロ」などで連載中の県出身漫画家・ショルダー肩美氏が描き下ろし。
今までとは違う全く新しい、こどもも大人も笑って学べる一冊!

●本書の内容
マジムン/シーサー/キジムナー/テケテケ/鬼になった兄/
アカマタ/黒金座主/ザン/ブナガヤ/片足ピンザ/
仲西ヘーイ/ウヮーグヮーマジムン/ウチャタイマグラー/歌う骸骨/ケンモン/
逆立ち幽霊/ジュリグヮーマジムン/大鯨/タチッチュ/運天のユーリー/
ギルマナア/ハサナーマジムン/蕉妖

コラム「沖縄の歴史と妖怪」
コラム「マブイ・マジムン・幽霊」

妖怪を調べてみよう〜マジムンをさらに知るために〜
妖怪研究を始めるために

●著者略歴
朝里樹(あさざと・いつき)
1990年、北海道生まれ。2014年、法政大学文学部卒業。日本文学専攻。在野で怪異・妖怪の収集・研究を行う。著書に『日本現代怪異事典』『続・日本現代怪異事典』(ともに笠間書院)『歴史人物怪異談事典』(幻冬舎)、監修に『大迫力!戦慄の都市伝説大百科』(西東社)など。

ショルダー肩美(しょるだー・かたみ)
漫画家・イラストレーター。沖縄県出身。WEBメディア「オモコロ」で4コマ漫画等を掲載中。

●2024年7月初版第一刷発行